ほんぽーライフ

シンプルな暮らしを送りたい好きなことをほんぽうに綴る雑記ブログ

『土鍋ごはん』焦げずにおいしい炊き方とガス代節約のコツ

スポンサーリンク

最近花粉で目がシパシパなパライチライオンです~

ゆるゆるほんぽ~に生活してます

 

前回記事が土鍋のことを書いたので、今日は土鍋ごはんあるあるや、炊き方について書きます

 

 

f:id:LycheeLion:20190315115419j:plain

土鍋ごはん生活をはじめて5年がたち、問題点がでてきた

 

ひとつは、土鍋が劣化してきたのか、いつも通りに炊いても底が焦げつくようになってきた

あんまり「おこげ」ばかりもなぁ~

たぶん私の持ってるやつはごはん炊き用の土鍋なので、なんかコーティングされてたのかも?それが経年劣化によってコーティングがはがれてきたからこんなに焦げつくようになったに違いない

 

ふたつめは、ガス代が高くなった

一人暮らしの時は毎日土鍋を炊くことはなかったんだぁ

1度に3合炊いて、2~3日かけて食べてたから

それが、結婚して旦那ちゃんにはできたてごはんを食べさせてあげようと、

せっせとほぼ1~2日に1回ペースで土鍋ごはんをしていたら、

「え…?!」

なんと、ガス代が、1万4千円…!!

ちなみに、一人暮らしの時はガス代3~4千円

バツ1な私は、前の結婚生活で2人暮らしでも5~7千円ほどだったのに?

そのときは土鍋の加熱時間は合計18分ほど

これをほぼ毎日続けたことによる弊害か?!

しかもその月はビーフシチューとかカレーを素を使わずにぐつぐつ煮てたのも原因のひとつでもあると思う 

我が家はそんな金持ちの家ではないので

これはなんとかせねばっと思い立ったのでした

 

試行錯誤の上、ついに問題を解決できる炊き方を発見!

何度か失敗と成功を繰り返しながら、「うんこれだ!」

私なりの土鍋ごはんの炊き方がようやく確立しました

米と水の配合

米1合に対し、水180cc~190cc

3合炊く場合、540cc~570ccの水を入れる

私は基本は1合180ccだけど、その時の気分で1合に対し10cc増しすることがあります

ん?なんか少ないかな?的なとき…

 けど基本は180cc

30分以上浸水させる

朝に米とぎ~浸水までして、夕ご飯時に炊くっていうパターンも

 

本当は2時間以上浸水できたら、そのほうがおいしくできます

長時間浸水するなら、タッパーとかに入れて冷蔵庫にいれたほうがおいしくできる

 

けど、時間ない人は最低30分は浸水させたらOK

 

これで焦げない

浸水ができたら、土鍋に火をかけて加熱スタート

火加減は中火です

湯気が出はじめて沸騰してきたら、しゃもじで一気に底をぐるりとかき回す

このとき、米が土鍋にへばりついてる感覚があったら、へばりついてる米を全てしゃもじでかき回してとることがポイントです

そして、すぐに蓋!

しゃもじが溶けないようにしてね 

なんなら、木べらのほうが安心かな?

要は、沸騰したら、底をかきまぜて、すぐフタをする!

これで、焦げつきを予防できます

中火のまま10分加熱する

本来なら初め強火で後はちょろちょろ弱火で15分ほど加熱しないといけないところなんですが、この場合は、中火のまま、10分加熱します

タイマー必ずセットしてね

10分経ったら、10秒強火にする

10分が経ちタイマーがピピピと鳴ったら、

「うりゃぁーー!」と強火にします

あ、けど鍋を半分覆いつくすほどの強火は危ないからやめてくださいね

なべ底に収まる炎くらいが一般的な強火の目安といわれてますよ

厚手のタオルで保温する

ペラペラでない厚めのキッチンタオルとかを土鍋にかぶせて保温する

土鍋の穴はなんか気分的に開けといたほうがいいと思うので、私はいつも、穴の通気口は避けてかぶせてます

これで放置すること10分

これでガス代節約できる

この方法で試してから、我が家のガス代はだいたい月4~5千円に落ち着きました

 

この方法だと、土鍋の底が焦げないわガス代は節約できるわで、いいことずくめ

 

けど、やっぱり正規の炊き方と比べると、加熱が弱かったりするとカニ穴ができてなかったりする場合もあります(カニ穴ができてるとお米がぐるぐるダンスしてしっかり炊けてる証拠のひとつらしい)

そんな場合でも大丈夫

味は普通においしいです

 

もし万が一、失敗して半生~~みたいなときは、

陶器のおひつにいれて電子レンジでチンして加熱すると、しっかり加熱されておいしいお米になるので安心してください

(電子レンジはいろんな説があるけど私が考えるには、可視光線の高い波長~遠赤外線の波長と同じなので、それなら遠赤外線サウナはどうなるんじゃぃと思っていて、あと可視光線はコウケントーという器具がありますね…太陽が全く当たらない船員のために太陽と同じ波長の可視光線が使われていたというのもあるし、正確なところが自分的にわからないので、何もかもを鵜呑みにするのは辞めて、あまり気にしなくなりました…常用はしませんが、ごはんの温め直しとか、めんどくさいときとかはチン使う)

 

 

まぁそんな神経質にならなくても、1回マスターしてみれば、土鍋でごはんを炊くって簡単

 

ぜひこの機会に土鍋ごはんを習慣にしてみてちょ~