ほんぽーライフ

シンプルな暮らしを送りたい好きなことをほんぽうに綴る雑記ブログ

因果応報は本当にある?人を傷つけた人の末路【実話】

スポンサーリンク

今日もほんぽーライフなライチライオンです

 

最近私の周りで、いじわるな人や、人を傷つけてばかりいる人、日頃の行いが悪い人が悲惨な目に合うことが続いています

 

因果応報はあるんだな~と思った実話です

 

f:id:LycheeLion:20190411142932j:plain

悪態ばかりつく私の父

まず私の父の話

私の父はギャンブル依存症で、借金ばかりして母をいつも泣かせて困らせていました

生活費や、私の高校や大学の学費もすべて母が払っていたと知ったのは大人になってからのことです

 

けっしていい父親とはいえませんね

そして、すでに因果応報なのか父が何年か前にガンになりました

ガンになって自分が死ぬかもしれないと思ったのでしょう

その時から、父は今まで自分がしたことを反省して更生し、少しマシになったように見えました

が、性格までは直ってませんでした

モラハラ気質な私の父

 

そんなモラハラ気質な父と母、祖父と3人暮らしの我が実家ですが

ここ最近、突然祖母が倒れて動けなくなったんです

 

すぐに介護のプロにお世話になりたいところですが、お正月もはさんでいたため介護認定が下りるまで2か月もかかりました

 

その2か月間、祖母のオムツをかえ、トイレに数時間おきに重たい祖母を立たせて行かせたり、介護は全て母一人でしていたので相当な労力だったと思います

母といってももう60才すぎです

私も手伝うと言ってるのに娘に心配をかけたくないと言って聞きませんでした

 

祖母にもプライドがありますからオムツを変えたりしてくれる人は自分の娘である母でないと甘えられない部分もあったのかもしれません

 

俺様気質な父はというと、同じ一つ屋根の下で暮らしているにも関わらず、家のことは何も手伝いません

 

そんな介護でつきっきりで大変な母に、いつも18時に出している晩ごはんが10分ほど遅れてしまった時のこと

 

父ブチ切れ

「何してんねん!はよゴハン出せやー!!」

と、母に怒鳴り散らしたそうです

 

最低の人間でしょう?

いつも母は晩ごはんは早めに作って置いてあるので、温め直したらいいだけの状態だったと思うんです

 

介護の大変さ、つらさは経験した本人でないとわからないと思います

そんな大変な思いを毎日して終わりの見えない介護をずーーっと母はしてるんです

 

そんな大変な介護をしている母に向かって、ちょっと晩ごはんが遅れたくらいでブチ切れ、怒鳴り散らし、わめく男

 

あんたに道徳心はないのか?と思ってしまいます

 

晩ごはん1日くらい19時に食ったっていいだろう

世の中には20時21時に晩ごはん食ってるやつもいるんだよ

しかも、ごはん温めなおしたら食える状態なんだから、こんな大変な時くらい察してそれくらい自分でしろよと思ってしまいます

 

そして、そんなことがあった3日後

 

父は心筋梗塞で入院しました

 

これ、因果応報だよなーと思いました

 

まさに天罰が下った瞬間でした

 

幸い一命はとりとめましたが、もう私も母も、父がどうなろうとどうでもいいです

だけど、こんなにも父の死がどうでもいいと思えるのは悲しいですけどね

なんでもっと、まともな父じゃなかったんだろうって思うと悲しくなります

 

暗い話ですいません

ここまで読んでくれてありがとうございます

 

いじわるな職場のオーナー

次は私の元職場の女性オーナーの話

 

若かったとき私はそのオーナーのことは尊敬してました

気遣いができて優しい人

そう思ってたんですが、だんだん化けの皮がはがれはじめます

 

本人の「我」がありますから、だんだん優しくしてる人にもその「我」は出てきます

 

新人で入ってきたバイトの子にもわざと試すそうないじわるな言い方をしたり

聞いてるとかわいそう…と気分が悪くなるほどでした

 

経営の悪化もあってか、だんだんと誰に対しても「我」がでる態度や話し方、いじわるな態度をするようになってきます

筋が通っていればいいんですが、筋も通らないわけのわからない道徳心からはずれていることをする人です

 

もちろんスタッフからもみんなから嫌われています

そんな人がオーナーって嫌だな

こんな性格のゆがんだ経営者もごまんといるんでしょうが…

会社の経営者であるからには人格的も優れた人であってほしいです

私が尊敬してた人は、こんな人間だったのか…と気づいたときはショックでした

 

私のレベルが低かったのか一時は尊敬して見えたけど、オーナーの正体がわかってしまったので、ここまでくると、もうオーナーのことを尊敬できなくなってしまいました

そうして、オーナーの女独特のいじめ方、いじわるな態度や言い方に毒されたのか、私はそのうち仕事の悪夢を毎日見るようになりました

今日は平和でありますように…と、仕事に行くのも怖いと思うようになってきます

 

で、結婚して晴れてその職場は辞めたんですが、それから何年か経って、そのオーナーが脳の病気になって入院してると人づてに聞きました

 

人の恨みは念となって突き刺さりますからね

オーナーのことをよく思ってない人はたくさんいましたから

 

日頃の行いがよくないと自分に返ってくるんです

これも因果応報だなと思いました

 

日頃の行いが悪い人

自分のしたことはよいことも悪いことも、必ず自分に返ってきます

なので、日頃の行いが悪い人というのは、かならず因果応報で天罰が下ります

 

人を傷つけたりばかりしている人は、自分の行いが間違っていることを知らせるかのように病気になる

因果からくる病気ってあると思います

 

そういった事や人に出会っても、自分にされたことを人に仕返してはいけません

悪循環になります

反面教師で、自分はこんな人間にならないでおこうという「心」が大切です

生きづらい世の中ですから、どんなに自分が周りから毒されたとしても、心はキレイでいましょう

神様は見ていますから、自分に悪いことをしてきた人にはきっといつか天罰が下ります

 

今の時代は悪いこともいいことも、すぐに自分自身に返ってきやすい時代のような気がするなぁ

 

神様が見てるって思ったらもう何も悪いことはできないね~